IT化が進む教育業界

教育が政治的に中立であるべき理由 教育業界のIT化が強く推し進められています。小学校からタブレットを使った授業を行う学校も出てきていますし、電子黒板を導入する学校も増えてきています。こうした新しい機械を使っていくことで、今までにない授業を行うこともできるようになりました。従来の紙の教科書ではありえなかった、動画を使った授業なども簡単にできる環境が整いつつあるわけです。ただし、こうした最新の機器を導入するにはそれなりにコストがかかってしまいます。授業料の高い私立学校と、公立の学校の格差が生まれる原因の一つであるという問題点もあります。

また、教員がどのように授業を進めていけばいいのかわからなくなるというケースも見受けられます。真に効果的な授業ができるかどうかもまだ分からないので、こうした先進機器を教室に取り入れることに反対する声も根強くあります。ただ、アメリカや韓国などはすでにしっかりと先進機器を授業に取り入れているので、IT化の波に取り残されないようにするためには、日本も頑張ってついていくしかないというのが実情です。子供のうちからIT機器に慣れ親しむことで、将来イノベーションを起こせる人材が多数輩出される可能性があります。

オススメのサイト